きのこ村のブログ

会社退職後の日記をブログに書いてみようと始めました。

馬との闘い

このブログでは、乗馬をされている読者の方はあまり多くないと思うので、私が乗っている時にどんなことを考えているか書いてみます。



試合をしている方、級などの資格を受けている方とは、考え方が少し違うかと思います。
私は、乗馬だけをやっている人間で、資格は目指していません。


乗馬をやっている方で、間違いがあったらコメントください。


昨日、乗馬に行ってきました。
まだまだ未熟な騎乗者ですが、上手な人が乗っている「椿」というメス馬に乗っています。

1回乗ることを1鞍と言います。
いつも、自分自身の課題を考えて乗っているのですが、昨日は手のブレをなくしたいと考えて騎乗しました。


1鞍45分間乗るのですが、最初の5分間は、手綱を伸ばした状態で、騎座と脚を使って推進しています。
最初の5分間は、準備運動なのですが、自由にはさせません。


馬は乗ったときに、騎乗者の実力を判断して、自分より上なのか下なのかを決めてしまいます。
馬は騎乗者が自分より下とみると、騎乗者をバカにしたようにふるまいます。
動かなかったり、勝手に早く走ったり、勝手に止まったり、曲がらなく真っすぐ走ったり騎乗者の指示に従いません。


その後、15分間は、常足と速足をします。
今回は、手のブレをなくすという課題があります。
手綱をしっかり張り、騎座で吸収し、手のひらの動きではみを感じているとブレがなくなりました。
今回の課題は、クリアかな!!


などと、騎乗をしていると「椿」が横にス-と動いたときがあり、それに反応しなかったら、しばらくしてまたス-と動きました。
その時には反応して動きを抑えたのですが、これは「椿」が私を試したようです。
「椿」が私を眼で見ていたような感じがしました。
これに反応しなかったら、「椿」は私を下に見ていくようになります。
ここが馬との戦いです。


休ませるため5分間位手綱を長くして常足で歩かせます。


その後、15分間は速足と駈足などをします。
駈足をした後、速足でも早く走っていくので、これを制御していきます。
馬は、自分の走りたい速さで走りたいのですが、私の走りたい速さで走らせます。
再び馬との戦いです。
私はまだ未熟なので、騎座とか脚、手の扶助で抑えたり、小さく回ったり、大きく回ったりしながらスピードを制御していきます。
ここで、自分の思うように制御できるようになると、従順になってきます。
上手な人は、このようなことはないのでしょうね。
最初から最後まで、思うように動かせているのでしょうね。
でも、クラブの方には「椿」と相性がいいねと言われています。


大手の乗馬クラブで500鞍以上乗っている方が来られても「椿」は制御できなく、恐いと言っているようです。
また、多く乗っていると言われてもクラブの方は騎乗させないようにしているようです。
大手の乗馬クラブは、大人数で一緒に騎乗していますものね。
先頭が動けば、次の馬は動きますものね。


その後5分間、手綱を長くして、常足で歩かせます。


だいたい、このようなことをして1鞍のってます。
馬によって、扶助の強さや性格が違うのとオスとメスでは違います。
少しは考えながら騎乗しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。